炭水化物を控えて燃焼しやすい体作り
【2015年注目】1食置き換えダイエットのランキング
HOME » 1食置き換えダイエットで気をつけたいこと »炭水化物を控えて燃焼しやすい体作り

炭水化物を控えるローカーボダイエット

ローカーボダイエットとは

近年、多くの種類のダイエット方法がクローズアップされて人気になっています。炭水化物を控えることで脂肪燃焼しやすい体を作っていくダイエット方法がローカーボダイエットです。

人は、一日に必要なエネルギーを炭水化物から摂取しています。炭水化物は、ご飯、パン、麺類、イモ類、お菓子類、砂糖に含まれている栄養素です。

この栄養素をまったく摂取しないことで脂肪燃焼の効果を増大させていくのですが、本当であれば制限した分のカロリーを油脂などに含まれる脂質、肉、魚などに含まれるたんぱく質を豊富に含む食品を食べることで補う必要があります。

正しく行うことで炭水化物中毒の改善効果や、糖尿病患者さんの血糖値のコントロールに役立ちますが、やみくもに主食やイモ類、甘いものを抜いただけでは血糖値の低下や急上昇が起こってしまい、逆に体調を崩してしまう原因になってしまいます。

米やパン、お菓子、甘い飲料や果物の摂取量を減らし、健康的に!

ダイエットは、肥満の人が行えば、肥満による負のサイクルである高血圧、糖尿病、高脂質血症などからなる、メタボリックシンドロームを防ぐことになります。

しかし、極端なダイエットは体に付加をかけることになり、体調を崩してしまったり、痩せることがストレスとなり、リバウンドを起こしてしまう要因になってしまうため、注意する必要があります。 このダイエットの手順としては、米、パンなどの穀類、お菓子、甘い飲料、果物を摂る量を少なくします。

完全に摂らないよりも、少なくする方が体にストレスを与える割合が少なくなります。また、穀類には、他の微量栄養素も含まれているので、ある程度は必要です。見落としがちですが、果物にも糖分が含まれているので食べすぎには注意しなくてはなりません。

良質なたんぱく質を意識して食べ、味は薄味に

たんぱく質と薄味でダイエット

おかずや野菜は何を食べても良いのですが、たんぱく質は、肉、魚、卵、大豆などからの良質なたんぱく質がお勧めです。魚は青魚などを食べることで、脂質としての栄養素も補うことができます。脂質では、肉の脂を多くとるのではなく、固体ではない、液体系の油を摂取する方は安心です。

野菜を食べることは健康によいとされていますが、野菜を食べる際にはドレッシングや醤油などをかけすぎないことが大切です。調味料に含まれる塩分は、とりすぎると体への負担が多くなってしまいます。さらに、高血圧を引き起こしてしまう要因にもつながってしまいます。

濃い味付けではなく、薄味になれるようにしておくと、健康効果が高まるのでお勧めです。また、野菜は千切りのサラダなどでは調味料の消費が多くなってしまうので一口大に切り、温野菜サラダなどにして付けながら食べることもポイントです。

調味料には食品添加物等も含まれているため、摂りすぎには注意したいものです。自然な味になれることはダイエットを成功に導く一歩となります。

ダイエットの基本は、栄養、適度な運動、充分な休養の三本柱が基本となります。 この基本を軸に正しい痩せ方で理想の体型を手にしたいものです。

 

 

 

運営者情報
【2015年注目】1食置き換えダイエットのランキング