置き換え食品を選ぶ時、栄養素を気にかけないといけない理由
【2015年注目】1食置き換えダイエットのランキング
HOME » 1食置き換えダイエットを始める前に知っておこう »置き換え食品を選ぶ時、栄養素を気にかけないといけない理由

ダイエットで栄養不足? 代謝やお肌の大敵!

ダイエットで栄養不足? 代謝やお肌の大敵!

1日3食の食事のうち、1~2食をダイエット食品に置き換えるだけの置き換えダイエットは気軽に始められて、簡単にカロリーを制限出来る減量方法として大変人気があります。

ダイエットといえば面倒なカロリー計算や食事制限、諦めがちな運動と挫折しそうな難関がいくつもあります。

始めたものの継続させるのが難しいのが現実ですが、置き換えダイエットは低カロリーで栄養バランスが良い置き換え食品に置き換えるため、カロリー計算いらずで、カロリー摂取を簡単に控えることができるのです。

置き換え食品のカロリーは約200kcal前後というのが一般的です。成人男性の1食当たりの平均摂取カロリーが約730kcalで女性が約580kcalと言われています。

置き換え食品を利用することで、男性なら500kcal、女性なら400kcalも1日の摂取カロリーを抑えることができるということなのです。

しかし、この便利な置き換え食品も正しい摂り方で利用しないと、大変なことになってしまいます。

理想は、1日1食ダイエット食品に置き換えること!

例えば置き換え食品を使うのは3食のうち1食が理想的です。置き換えをすることで大幅に摂取カロリーを抑えることができるのですが、栄養が偏ったり、摂取カロリーが大幅に減って、脳が飢餓状態と判断すると、体は少ない食事でカロリーをより多く摂取しようとします。

すると体が脂肪をため込みやすい体質になってしまい、結果的に太りやすい体になってしまいます。

また栄養不足は筋肉の量も減らしてしまいます。筋肉は脂肪よりも重いので、少し減るだけで体重が急激に減りますが、これは筋肉が減っているだけで脂肪は減っているわけではありません。

そして筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝はどんどん低下してしまいます。代謝が減ると老廃物や脂肪を溜め込みやすい体質になってしまうので、この点でも太りやすい体質になってしまうのです。

つまりリバウンドしやすくなるということです。 さらに、この状態で減量を辞めてしまい、もとの食事に戻した場合、基礎代謝が低下しているため以前と同じ量の食事内容だったとしても、脂肪として蓄積してしまうのです。無理なカロリーダウンや栄養不足になることは一番危険なのです。

適度なカロリーと栄養バランスに気を配って

適度なカロリーと栄養バランスに気を配って

このリバウンドをなるべくしないようにするためには適度なカロリーと栄養バランスを考えることが大切なのです。

例えば1日1食を置き換え食品にして、それ以外は筋肉づくりに不可欠なたんぱく質を多く摂れるような食事、また普段から低カロリーで高たんぱくな食事をとる習慣をつけることで減量を辞めた時のことまで考えることが大切です。

食事メニューにどんな栄養素が含まれるのかその栄養素がどんな働きをするのか考えることで、簡単にできてリバウンドのしやすい置き換えの減量方法のデメリットをカバーすることができるのです。

カロリー計算の必要がいらない方法だからこそ、栄養を考えたバランスのとれた食事をその他の食事で補わなくてはなりません。

 

 

 

運営者情報
【2015年注目】1食置き換えダイエットのランキング